ホーム > 学年便り  > 中1週報 第38号 「修学館高校 卒業式」

中1週報 第38号 「修学館高校 卒業式」2018年03月05日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

☆修学館高校 卒業式☆
 3月1日は修学館高校の卒業式でした。私はこの卒業生達が中学2年生時の担当学年であったので,思い入れがあります。元気でパワーのある生徒が多くて,非常に大変な思いをしたこともありました。大きく悩む生徒もいました。それでも,何かあった時の団結力はすさまじく,涙を流すくらいぶつかりあいながら,素晴らしい合唱をつくりあげ,コンクールで競い合いました。1・2組ともすごい合唱でしたが,僅かな差で1組が春の祭典に出場しました。敗れた2組の人たちも悔しい気持ちはある,だけれども1組に頑張ってほしいとエールを送ることのできる人がたくさんいる学年でした。おかげでこの学年は,春の祭典で2年連続金賞を受賞しています。他にも生徒会や,クラスマッチ,体育祭,文化祭等,様々な場面で力を発揮しました。
 卒業証書授与の時には,そんな彼らの思いが返事にも表れていたように思います。前日に行われた予行の時には,県知事賞や市長賞,岩崎賞と表彰が行われましたが,その他にも中高6年間皆勤だった者1名,高校3年間皆勤だった者4名もいて,すごいなと感心させられました。5名全員が女子でしたが,頑張り屋さんの女の子が多い学年でもありましたね。
 さて,そんな卒業式に,一貫校なので中学1年生も出席しました。いい式にしようと,背筋を伸ばし,入退場時には大きく拍手をしていました。「仰げば尊し」の合唱は,一番を高校3年生が,2番を中1から高2までの生徒が,そして3番は,全校生徒が一緒になって歌いましたが,前日の予行の時を大きく上回る,みんなの気持ちのこもった合唱となりました。みなさんの素晴らしい態度のおかげで,先輩やそのご家族の方々も喜ぶ,素敵な卒業式となりました。本当にありがとう。す今月の13日には中学校の卒業式があります。その時も頼んだぞ!

ページトップへ