ホーム > 学年便り  > 中1週報 夏臨時増刊号「8月24日 リアルしごとびとを体験しました」 8月28日発行

中1週報 夏臨時増刊号「8月24日 リアルしごとびとを体験しました」 8月28日発行2018年08月29日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

 ☆リアルしごとびとを体験しました☆
 8月24日(金)に,1・2年生合同で「リアルしごとびと」(中学生と働く大人の対話の時間)を体験しました。7人の異なる職業の方のお話を聞く企画でした。多分,自分の将来はどうなるのだろう,何の職業が自分には向いているのだろう・・・と考えたことのない人はいないのではないでしょうか。もちろん,すでに自分の『夢』に向かって歩き始めている人もいることでしょう。  
 今回,職業名としては〈映画監督〉〈社会福祉士・介護福祉士〉〈作業療法士〉〈ITプロデューサー〉〈薬剤師〉〈投資家〉〈建築家〉の7名の方々を囲んで,お話を聞く機会をいただきました。中には,初めて知った職業もあったようです。
 
 IMG_4390 IMG_4546
 
○考えたことや見習いたいことは?(1年生の感想です。)
・仕事に対して全力なこと。 ・仕事=楽しい の考え。
・仕事は一石二鳥。 ・いろいろな方法で自分を表現しているところ。
・お二人の話を聞いた。二人とも自由でしばられない人だった。
・人の願いを聞き入れ,できる限りそれを実現させるために尽くし,考え,実行するところ。  
・自分の考えをノートにまとめること。 ・あきらめないこと。  ・いつでも明るいところ。
・なにもかも努力して成し遂げること。
・自分の夢にほこりを持って,その夢に向かって進んでいくこと。
・小さいときからいろいろな目線で物事を見ること。
・どんなことにも前向きなところを見習いたい。
・人とは違う発想をした方が,世の中成功しやすいんだなぁと思った。
・あいさつができない人は投資はできない人。
・人に流されず,自分の意見をもつということ。
・何事にもあきらめず,チャレンジすること。
・コミュニケーションをとってたくさん人と話すこと。
 
 IMG_4516 IMG_4514
 
 それぞれのブースに30分,生徒たちはお二人の方のお話を聞くことができました。楽しそうに興味を持って,聞いていましたし,意欲的に質問する様子も見受けられ有意義な時間を過ごしていたようです。今改めて,みんなの感想を読んでいて,ここまで感じてくれたのだとうれしくなりました。きっと,これからの勉強にもその意義を見つけたり,前向きに取り組んでくれるのでは・・と大いに期待したくなりました。良い時間を過ごしてくれたようです。
 
 IMG_4453 IMG_4481
 IMG_4469 IMG_4506
 IMG_4564 IMG_4640
 

ページトップへ