ホーム > 学年便り  > 中1週報 第40号「最近出会った文章より,最近の飛躍より」

中1週報 第40号「最近出会った文章より,最近の飛躍より」2017年02月04日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

 ☆最近出会った文章より☆
 学年末試験が2月22日から24日に行われます。今年度最後の定期試験です。学年末試験まであと18日あります。今週,来週,再来週と土日を最大限活用する計画を立てて実行して試験に臨んでください。覚えたことを定着させるために睡眠時間も必ず確保してください。1日の学習を終えた後は「飛躍」に学習状況を記入しながら一日を振り返り,明日はこれをする!と決めた後で就寝しましょう。時間を無駄に過ごしそうになった時には下の記事を参考にして今を大切にしてください。
 「すべてのいのちが輝きますように」放浪の合唱作曲家 弓削田 健介
 あなたがくだらないと思っている今日は昨日亡くなった人が 何とかして生きたかった 何としてでも生きたかった 今日なのです 今日はそんな日なんです。今日こうしてあなたに出会えたことに感謝します

 この言葉は,ホスピスで出会ったお坊さんが教えてくれた言葉です。ホスピスで教えて頂いたことが,自分の活動の原点になっていいます。もう一つ,ホスピスで出会ったおじさんに教えて頂いた言葉を紹介します。
 人生は夏休みみたいに あっという間にすぎる。 夏休みみたいに,宿題みたいな大変なこともたくさんあったけど夏休みみたいに,友達と思い出がたくさんできた。人間,最後はねぇ,お金も名誉も関係なくなって,友達と思い出が助けてくれるよ。だから,友達と思い出を大切にな。 

 ☆最近の飛躍より☆
・最近は,村上春樹の書いた本を読み始めています。村上春樹の本は深い表現がたくさんあり,読みがいがあります。どんどん読んでいきたいです。(イスラエル最高の文学賞エルサレム賞を受賞時のスピーチでの「高く堅固な壁と卵があって,卵は壁にぶつかり割れる。そんな時に私は常に卵の側に立つ。」も有名です)
・今日は2組のK君とバドミントンをしました。最初はどのくらいすごいのかが分からなかったのですが,一度してみると,サーブから羽根の飛び方が違いました。1つのことを極めるのは良いこと,すごいことだと思うので,K君のように頑張りたいです。(試合で勝つ人は最初から気迫が違います。さらにフットワークも凄いです)
・部活も6時30分までできるようになって2日目だが,20分増えただけでもだいぶたくさんのことができるように,学べるようになったと思う。これからも一生懸命取り組みたい!(少しの時間も無駄にしないという強い気持ちが必ず緊迫した試合の中で活かされると思います)
・今日7Jでペアで意見交換をしたとき,とても感心しました。「世界で活躍する」という目標に少しずつでも近づくため,T君が日々頑張っているということを知ったからです。私も見習いたいです。(常に自分にプレッシャーをかけて頑張っている姿から学ぶことは本当にたくさんあります) 
・本屋で漢検4級の本を買いました。次の検定で合格できるように頑張りたいです。(毎日頑張っている漢字100字も漢検を目標にすることでさらに意欲的に取り組むことができます。明日の自宅学習日を最大限活用して是非合格を)            

ページトップへ