ホーム > 学年便り  > 中2週報 第8号 「だから勉強するのです」

中2週報 第8号 「だから勉強するのです」2014年06月02日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

 福岡女学院大学の南川教授の本に次のようなことが書かれてあった。彼は,2011年3月12日カンボジアで,福島原子力発電所の緊迫した状況を報道するアメリカのニュースを見ていた。それから1週間後タイで,NHKのニュースを初めて見た。しかし,NHKが報道する内容は,アメリカやイギリスのテレビ局が報道する内容と大きく異なっていた。日本の報道は主に津波で家や家族を失い,唖然とする人々を叙情的に描いているように思えた。放射能の拡散については一切触れていない。それに対してアメリカやイギリスの報道では,二日後にはメルトダウンの可能性に言及し,放射能がどのように拡散していくかの予想図を報道していた。どうも私たちは何か不測の事態が生じた時,これに的確に対処することが苦手なような気がする。

 私たちは人生のさまざまな場面で,多くの困難に出会います。その度にあらゆる知恵と能力と体力の限りをつくしてその困難に立ち向かうのです。そのためにはあらゆる知識や情報を必要とします。だから勉強するのです。そうすることで人は成長し,人生はより豊かなものになるでしょう。

ページトップへ