ホーム > 学年便り  > 中2週報 第25号「平和を考え,歴史に学ぶ」

中2週報 第25号「平和を考え,歴史に学ぶ」2016年10月31日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

☆平和を考え,歴史に学ぶ☆
 11月2日(水),一日遠足が行われ,午前中は南九州市の知覧特攻平和会館,午後は川辺岩屋公園を訪れます。太平洋戦争末期,知覧には特攻基地があり,この地から特攻隊として多くの若者が飛び立ちました。中には今の中学2年生とほとんど年齢の違わない10代の隊員も多くいました。この会館には隊員たちの家族へ宛てた手紙や手記また遺品などが多く展示されており,手紙の行間からは家族への思いなどがにじみ出ています。皆さんは展示品から何を感じ,何を思うのでしょうか。また,知覧では毎年夏になると「平和へのメッセージfrom知覧 スピーチコンテスト」が開催され,全国から平和へのメッセージが寄せられています。

 午後は川辺岩屋公園へ場所を移します。ここには自然の岩壁に彫られた磨崖仏があり,その数200基とも言われています。古いものは平安時代までさかのぼることができ,日本最大の五輪塔などが刻まれています。ようやく秋の気配が感じられる頃になりました。岩屋公園の自然の中で秋を感じ,歴史に触れてみましょう。

ページトップへ