ホーム > 学年便り  > 中2週報 第38号 「チャレンジカップ発表会」

中2週報 第38号 「チャレンジカップ発表会」2015年02月23日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

2/9(月)と16(月)の7限目に,チャレンジカップの発表会を行いました。17グループありましたので,2日に分けて行いました。2学期から活動できるようにしていたので,コツコツと毎日のように活動していたグループや計画を立て訪問先と事前に連絡を取り活動していたグループもありました。他方,時間はたっぷりあったはずなのに,直前になってようやく活動を始めたグループもありました。どのグループも始めるまではなかなか話がまとまらず苦労していましたが,いざ,活動を始めるとほとんどの生徒が積極的に活動していました。発表については,報告書をもとにどのグループもしっかり自分たちの取り組みを発表できていました。

 

生徒の発表の一部を紹介します。

「ゴミ拾いなどをしていると地域の方が通りがかったときに「ありがとう」と声をかけてくださることがたくさんありました。やっていて,とてもうれしくなりました。自分たちのしている活動が,地域の方のためになっているんだなと身をもって感じることができました。ただ,残念なのはたばこの吸い殻などがたくさん落ちていたことです。甲突川沿いのゴミ拾いを行ったのですが,1時間足らずの間にゴミ袋3つ分のゴミが集まりました。新聞紙に包まれたスプレー缶などもあり,ルールを守って処分してもらいたいと思いました。」

「ペットボトルのキャップはある程度の量が集まりましたが,活動時間が短くプルタブは車いすに換えるだけの量が集まりませんでした。ペットボトルのキャップは専用の袋(1袋でワクチン3本分)があり,ワクチン27本分9袋のキャップを送りました。これから,あと1袋送る予定です。プルタブについては,車いすに換えるには800kgが必要です。プルタブで800kgというのは相当な量になります。調べたところ,プルタブだけでなくアルミ缶でも同じようにできるようです。今年度は,車いすに換えるだけ集まりませんでしたが,この活動を後輩にも引き続き行ってもらい車いすにしておくることができたらと思っています。」

保護者の方々にもたくさんのお手伝いをいただき,有意義な活動ができました。ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

ページトップへ