ホーム > 学年便り  > 中2週報 第41号「担当者より」

中2週報 第41号「担当者より」2017年03月04日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

 ☆担当者より☆
 1月24日(火)南日本新聞に横綱稀勢の里関(写真右)に関する記事が掲載されていました。タイトルは
「努力の虫 綱の覚悟」です。記事の中で,私の印象に残っている部分が2つありましたので紹介します。
 1つ 砂糖を多く含んだ清涼飲料水やスナック菓子は一切口にしない!
 2つ 天才は生まれつきです。もうなれません。努力です。努力で天才に勝ちます!


 1つ目は,稀勢の里関も食べたいのを我慢したと思いますが,ご両親の覚悟も相当なものだと感服しました。たとえば,500mLの炭酸飲料には角砂糖 8 個(約32グラム)入っているそうです。中学生が砂糖を1日に摂取する目安は,15g程度とされているので,ペットボトル1本飲み干せば2日分以上の砂糖を摂取したことになります。スナック菓子も摂り過ぎるのは厳禁です。塩分や脂質の過剰摂取になるそうです。2つ目は,稀勢の里関が中学校の卒業文集の寄せ書きに書かれた言葉と記事では紹介されていました。発明王トーマス・エジソンも,「Genius is 1 percent inspiration and 99 percent perspiration.天才とは1%のひらめきと99%の努力である。」という名言を残しています。私たちも努力の天才になりたいものですね。

ページトップへ