ホーム > 学年便り  > 中2週報第34号「スキー教室の感想」 2月15日発行

中2週報第34号「スキー教室の感想」 2月15日発行2019年02月15日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

☆スキー教室感想☆
 多くの方々の支えのもと,スキー教室を無事に終えることができました。子供たちから多くのお土産話があったと思います。このスキー教室を通して,我々教員にも生徒の成長の足跡がくっきりと見えて,今後への期待がさらに膨らんでいます。生徒の感想と裏面にクラスの集合写真を載せてあります。
 
 福元和輝さん(1組)
 今回の修学旅行を振り返って,僕は時間への意識が高まったと思います。バスの集合時間,スキーの集合時間など,あらゆるところで時間を見て行動する場面がたくさんあった。そこを,この修学旅行を通して少し成長できたと思う。スキー教室では,最初は全然すべることができなかったが,友達やインストラクターが教えてくれて2日目にはすべることができたのでうれしかった。USJではおもに絶叫系に乗った。とてもスリルがあってとても楽しかった。とても充実した4日間となった。 
 
 村上礼奈さん(1組)
 今回の修学旅行を通して学んだことがたくさんあった。防災センターでは共助,人とのつながりの大切さ,スキー教室では最初はすべることができなかったけど,友達やインストラクターの方々の助けのおかげで最後は自分でも驚くくらいすべることができた。また岡口屋では,窓から鹿児島ではあまり見ることのできない雪景色を見ることができた。最終日では待ちに待ったUSJで友達との良い思い出をつくることができた。この3泊4日で学んだことをこれからの生活に生かせるようにしたいと思う。
 
 有村純吾さん(2組)
 まず,人と防災未来センターでは1995年の阪神淡路大震災について,これからどうすればいいのか,減災とは何かを学びました。スキー教室では初日の朝は全くすべることができなかったけど,午後そして2日目はたくさんすべれるようになったので,スキーのコーチたちに感謝です。USJではルパン,スパイダーマン,フライングダイソナー,ジョーズなど有名な映画の乗り物に乗ることができてよかったです。ショップにも色々な物が売っていてとても楽しかったし,充実した時間を過ごすことができました。
 
 肥後愛未さん(2組)
 初日は長時間移動だったため,とても疲れました。乗り物酔いをしなかったので良かったです。2日目は初めてのスキーで不安でいっぱいでした。私は中々すべれなくて遅れをとったりしてとても迷惑をかけました。ですが,インストラクターの方たちができるまで分かりやすく丁寧に教えてくださり,何度も助けと励ましをいただきました。3日目は前日と比べるとだいぶすべれるようになりました。何度も何度も転びましたが,とても楽しめました。「もうすぐ終わりか…。まだしたかったな」と思いました。スキーをケガなく終われてよかったです。4日目は待ちに待ったUSJに行きました。5時間と限られた短時間で楽しむことができましたが,まだ物足りなかったです。もう1日欲しい思いでした。ケガも体調も崩すことなく無事に帰りつけたので,とてもいい思い出になりました。
 
5F173A7F-0CF0-4709-BDCA-F236C0DABEA2
2FF5930B-78F5-40CB-A5A1-8183C9DB568A  C6B6E8B1-7849-43B9-AD8C-596285A74447  28A87E41-9FCC-4D4D-9872-BAE0F62723A1

ページトップへ