ホーム > 学年便り  > 中3週報 第11号「生徒総会について」 6月22日発行

中3週報 第11号「生徒総会について」 6月22日発行2018年06月29日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

 ☆生徒総会について☆

 6月20日(水)の7限に生徒総会が行われました。この総会に向けて,昼休み等を利用して生徒会役員のみなさんは準備を進めてきました。総会はまず生徒会長挨拶から始まりました。

 みなさん,こんにちは。今日は,1年前の選挙の時とは,違った気持ちでここに立っています。生徒会活動を通して,いろいろなことを学ぶことが出来ました。まず初めに,今期の生徒会活動の反省をさせてください。1年間,「もっと良くしよう」をテーマに活動してきました。そして,朝の活動・話し合いを,公約として実現出来ました。朝の活動は,特に4月から,1年生から3年生まで,全学年の人で,あいさつや,学校の周りの掃除などの活動を行うことができました。また,話し合いは今日の生徒総会に向けての話し合いで,みなさんの意見を取り入れることが出来ました。これらの活動は,生徒会顧問の横小路先生・白川先生の助言や意見がなければ,実現できませんでした。そして,顧問の先生方だけでなく,たくさんの先生方にも熱くご指導いただきました。ありがとうございました。
 4月に,白川先生に「目に見える活動をしよう」と言われました。その時まで,僕にはいろいろなことを上手く進められていませんでした。「自分たちのしていることが,みんなには届いているのか?」と考えてみると,皆さんに認識されるような活動ができていなかったことに気付きました。それを反省して,4月から3ヶ月間でしたが,その期間が,僕たちは1番一生懸命活動したと思っています。「目に見える活動」をして,1つ学んだことがあります。それは,「目に見えないものも,大事だ」ということです。僕が行動しないといけない,と思って行動するための行動力。友達から名前ではなく,会長,と呼ばれた時にいつも感じた,会長としてみんなのために働こう,という責任感。毎日があっという間に過ぎることもあれば,なかなか進まない日もありましたが,それが僕の原動力となりました。そして,みんなのため,誰かのために生きる,という気持ちをこれからの学校生活につなげていきたいと思っています。
 会長として,最後に言いたいことがあります。まず,1年生の皆さん。入学してから短い期間ではありましたが,たくさんの人と朝の活動をすることが出来ました。ありがとうございました。2年生の皆さん,次は皆さんが中心になる番です。よろしくお願いします。そして,3年生の皆さん。ここでの生活も残り9ヶ月となりました。みなさんの部活も,僕が会長と呼ばれることももうすぐ終わります。1つ1つのことが,最後になっていきます。楽しいことと同じくらい辛いこともあるかもしれませんが,自分を見失わずに,みんなで毎日を大事に過ごしていきましょう。 1年間,僕たち生徒会の活動を見守って下さり,ありがとうございました。僕たちの残りの期間の活動と,次期生徒会の活動にもご協力ください。さて今日は今期の生徒会の最後の行事です。今日まで僕とこのメンバーで準備をしてきました。一生懸命進めていきます。それには会員であるみなさんの意見が必要ですので,意見がある時には発表してくれるとうれしいです。よろしくお願いします。
   中学生徒会会長 堀之内 隆太

 その後,平成29年度活動報告,平成29年度決算審議,平成30年度予算審議,アンケート結果報告と続きました。最後のアンケート結果報告を受けて翌日の飛躍には「今日は生徒総会があった。自分の願った意見は今年取り組まないようで,悲しい一方,先輩の体育館占領については考えていきたいです。」と書かれていました。
 これまで生徒会役員のみなさんは各学校行事の準備・実行,生徒会新聞の発行,校門での挨拶・清掃活動,国旗の掲揚,中学3年生の卒業式や中学1年生の入学式の前日は放課後を利用して教室の飾り付けや生徒総会の準備・実行等様々なことを行ってきました。その中にはなかなか人の目に触れない活動もあったと思います。その中で学んだことの中でこれから先の人生で無駄になるものはないと思います。7月4日には生徒会長選挙が行われます。先輩として後輩に伝えられることを引き継いでいってください。

ページトップへ