ホーム > 学年便り  > 中3週報 第40号 「担当者より」

中3週報 第40号 「担当者より」2015年02月23日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

このところ温かくなったり寒くなったりの毎日ですが,確実に春が近づいていることを感じます。天気が良く温かい日は「今日はいい日ですね」という声が聞かれます。しかしながら,私には「天気のいい日」は「最悪の日」なのです。なぜなら「花粉症」の者にとって,天気のいい日は花粉が大量に飛び回っている日でもあります。20年ほど前,ある日突然発症してからの花粉症とのつきあいになりますが,毎年「今年は大丈夫かも」と思っていても,2月下旬には必ず鼻水,むずむず,目のかゆみに襲われます。今年もどうやらマスクや目薬が欠かせなくなりそうです。花粉症になって学んだことは「自分にとって最良のことが,他人にとっては必ずしもいいことではない。」ということ。特に心身の健康については,人それぞれ感じ方が違うので,少しでも相手の立場に立って考えることが大事であると。

花粉症で大変な思いをしている方がいたら,気持ちをポジティブに持ち,今年もがんばって乗り切っていきましょう。

ページトップへ