ホーム > お知らせ > 第2回読書会『西の魔女が死んだ』 12月19日

第2回読書会『西の魔女が死んだ』 12月19日2020年01月04日

 12月19日(木)16:10より図書室にて中学校生徒会呼びかけの第2回読書会を開きました。梨木香歩さんの『西の魔女が死んだ』を読んだ4名の生徒と1名の教員と司書が参加して開かれました。

 会順
 ① 開会のあいさつ
 ② 印象に残った場面
 ③ 全体としてどんな作品と考えたか・各自の感想
 ④ 参加してみての感想
 ⑤ 閉会のあいさつ

 読書会は,上記のような順番で15:00に終了するまで和やかな雰囲気で話し合いが続きました。印象に残った場面では,ゲンジさんについて・マイについて・死と生命について・最後のおばあちゃんが死んだ後にメッセージを残す場面についてなど,それぞれの印象的な場面が紹介されました。印象的な場面が重なったりして,共感する人もいました。

 どんな作品と考えたか・感想では,魔女修行を意志の強さとして捉える意見や孫とおばあちゃんの関係として自分の体験を話したりする人や,ゲンジさんがこれだけ出てくる狙いがよく分からない,不登校についての世代間の意識の違いに関心を持ったとの意見なども出て,最後は司書が,小学生のころこの本を最初に読んだ感想と最近読んだ時の感想の違いなどを話してくださって,時期によって感想も変わってくることを知り,共感したりびっくりしたりしながら,話し合いました。参加者はまだまだ少ないですが,参加した生徒たちは満足していたと思います。

ページトップへ