ホーム > 学年便り  > 高2週報 第25号 「担当者から」

高2週報 第25号 「担当者から」2017年11月14日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

 ☆担当者から☆
 11月4日に進研模試があり、試験監督をしたときのことです。高2生は2クラス一斉に大教室で模試を行いましたが,監督をしながら校長先生の言葉を思い出しました。試験で,ある受験生が試験を終えたあとに消しゴムのかすを集めてゴミ箱に捨てて帰った。試験の点数には関係のないことだが採用する側としてはそのような人を採用したい。というお話でした。面接では身なりを整えて,言葉遣いにも気を付けますが,試験でのそのような行動まで見られているとはなかなか考えないと思います。みなさんが模試を終えたあとに消しゴムのかすをそのままにして帰ったら何と言って話をしようかと考えながら見ていると,ほとんどの人が消しゴムのかすを集めてゴミ箱に捨てて帰りました。模試の内容ができていたかどうかはわかりませんが,次に使う人のことや掃除をする人のことなどを考えてこのような行動できる人がたくさんいることはとてもすばらしいことだと思います。いつでも,どこでも,世のため,人のために善い行いができる大人になってくれたらうれしいです。

ページトップへ