ホーム > 学年便り  > 高1週報 第26号「一日遠行」

高1週報 第26号「一日遠行」2016年11月05日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

☆ 一日遠行 ☆
 11月2日(水)に,一日遠行が実施されました。11月に入り,だいぶ秋らしい肌寒い朝でした。
 私は初めての遠行参加でしたので,とても楽しみにしていました。私は1番目のJRで二月田駅に到着しましたが,15名程度の生徒たちも同じJRで到着しました。その後8時50分過ぎに残りの生徒たちも到着し,注意事項を伝えた後,予定通り9時05分に一斉にスタートしました。私は4つのチェックポイントを担当しましたが,記録更新のために速いスピードで走っている生徒もいれば,ゆっくり景色を堪能しながら歩いている生徒もいました。高校2年生にとっては,2回目の参加でしたのでゴールまでの道のりがイメージできており,ペース配分もうまくいっているようでした。高校1年生の中には,チェックポイントにいる私に「今何km地点ですか?」と尋ねたり,全行程の半分の開聞の観光案内所では,「もう無理…」と嘆いている生徒もいました。

 ちょうど私もその地点から最終組と歩く予定でしたので,筋肉痛を覚悟して12時40頃にスタートしました。前半は生徒たちといろんな話をしながら楽しい時間を過ごすことができました。しかし後半は足の裏に違和感があったり,信号待ちで気持ちが切れそうになったりとなかなかハードな道のりでした。しかし,頑張っている生徒たちの姿から元気をもらい,自分もどうにか3時半過ぎにゴールすることができました。生徒たちは私が歩いた2倍の距離を歩いた(走った)と思うと,本当によく頑張ったなぁと感心するばかりです。無事にゴールして,ほっとしたり,達成感を味わったりとそれぞれ感じることは違ったかもしれませんが,修学館生としてまた一つ良き思い出ができたのではないでしょうか。今回残念ながら参加できなかった皆さんも,来年をお楽しみに!

IMG_9540   IMG_9593

ページトップへ