ホーム > 学年便り  > 中1週報No.19「長月(9月8日は白露でした)」9月15日発行

中1週報No.19「長月(9月8日は白露でした)」9月15日発行2018年09月16日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

☆長月(9月8日は白露でした。)☆
 ※「白露」とは,草木に宿った白く輝く露のことで,夏が過ぎ,少しずつ空気が冷えてきて草木に白い露が出来る季節になった,ということを表しています。今年の十五夜を調べてみましたら,「9月24日」でした。9月10日が「新月」でしたので,15日間だんだんと育つ月を見て,来週末はいわゆる「中秋の名月」を愛でることができるというわけです。日中まだまだ暑い日は続いていますが,季節は確実に秋へと向かっているわけです。そうです,文化の秋へ・・・・・・ということで・・・
 
☆いよいよ明日は文化祭です。☆ ※1組も2組も,合唱の練習・展示にがんばりました。

 合唱の本格的な練習ができたのは10日ほどでした。初めてのメンバーによる初めてのパート練習・・・多分小学校のときより,自分たち自身で進めていく練習が多くなっていったのではないでしょうか。実は,この短期間でこれだけの仕上がりになったのはとてもすばらしいことだなぁと先生方と話をしているところです。よく仕上がっていると思います。(担当者のひいき目かもしれませんが・・・笑)どうぞ,明日の本番は温かい目でお聞き下さい。
 1組も2組も,歌い終わった後にみんなで満足のいく歌を,やりきったぞと思えるように歌ってくれれば・・・と職員は思っています。また,クラス合唱の県大会である「春の祭典」に出場したい・・そんな声も聞こえてきました。頑張った結果そうなれば,みんなにとって良い経験にもなるでしょう。楽しみにしておきますね。

ページトップへ