ホーム > 学年便り  > 中2週報第39号「中学3年生に向けて」 3月23日発行

中2週報第39号「中学3年生に向けて」 3月23日発行2019年03月26日

 修学館では,保護者に対するきめ細かい情報発信の一つの手段として,中1~高3の全学年,学年便り(週報)を原則毎週末に発行しています。日常の学校生活の様子等の情報を積極的に発信し,保護者との情報の共有ができればと思います。修学館のホームページでは,「学年便り(週報)から」というコーナーを設け,学年便りにあった面白い記事,感動する記事などを皆さんに紹介します。更新を楽しみにお待ちください!

 ☆中学3年生に向けて☆
 本日,修了式と離任式がありました。この修学館中に入学したのも,2年生に進級したのもついこの間のような気がしますが,今年1年は特に時が過ぎるのが早かったように思います。2年生のみなさんは,学校行事や部活動,生徒会活動でも,学校の中心となり活動してくれました。体験学習や合唱コンクール,スキー教室など,思い出に残る行事も多かったと思います。頑張る姿,みなさんが成長していく姿ををいつも身近で見ることができ,本当に幸せな一年だったと思います。最上級生になるのを目前に今年1年を振り返ってみましょう。自分にとってどんな1年でしたか。どんなことを頑張り,どんな力を身に付けましたか。
 
 さて,4月からは中学3年生です。また新しい1年が,そして中学3年間を締めくくる大きな1年がスタートします。どんなゴールを設定し,どのように時間を過ごしていこうと考えていますか。みなさんが1年生の時に学習した「7つの習慣J」のなかに,「終わりを決めてから始める」という習慣があります。3年生になるみなさんにぴったりの言葉ですね。1年後の自分の姿を思い浮かべ,どんな力を付けていかないといけないかを考え,それを行動に移す1年であってほしいと思います。保護者の皆様には,学年・学級PTAをはじめ各行事への出席や参観,ご協力をいただき,ありがとうございました。学年部として精一杯取り組んで参りましたが,至らぬ点も多々あったかと思います。それでも,多くの保護者の皆様のご支援をいただけたこと,心より感謝申し上げます。子どもたちの,この1年間の成功体験や失敗やつまずきという大切な「人生の学び」が,来年度に生かされ,教員も子どもたちも共に,さらに成長していけるよう願っています。1年間,本当にありがとうございました。
   春 イラスト

ページトップへ