ホーム学校長あいさつ > 沿革

沿革

当校沿革概要

本学園は、大正12年に津曲貞助氏によって創設された旧制鹿児島高等女学校をもって始まります。
現在本校のほか、鹿児島国際大学・鹿児島高等学校・鹿児島幼稚園を擁しています。
鹿児島中学校(男女共学)は昭和58年4月に新設されました。
また、平成2年4月に、鹿児島高等学校修学館(男女共学)を設置。この「修学館」は、本学園が中・高一貫教育の目標を達成するために、鹿児島中学校所在地に設置した鹿児島中学校の高等部でした。
平成14年2月には、永吉キャンパスヘ移転。そして、積年の願いがかなって、平成14年4月1日から、校名も鹿児島修学館高等学校とし、県内24校目の私立高等学校として認可され発足するとともに、中学校も鹿児島修学館中学校と校名変更しました。

 

 

ページトップへ