ホーム在校生・保護者の方へ > 学校感染症治癒証明書について

学校感染症治癒証明書について

インフルエンザ・感染性胃腸炎等の感染症について(お知らせとお願い)

 学校感染症に罹患した場合,学校保健安全法に基づき他の生徒に感染する可能性のある期間は「出席停止」となります。出席停止期間については,下表(下記ファイルをダウンロードください)のように規定されております。
 下記ファイルをダウンロード後,医師の証明を受けましたら,ご記入の上学級担任に提出してください。

  1. 発熱・咳・咽頭痛・吐き気・下痢などの疑わしい症状があるときは、登校を見合わせ、速やかに医師の診察を受けてください。
  2. 遅刻・欠席の場合は、理由や症状をお電話にて学校へお知らせください。
  3. インフルエンザと診断された場合、発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで出席停止となり、登校することができません。ご家庭にて十分に養生して、医師の許可がおりてから登校するようにしてください。
  4. 「お腹のかぜ」「感染性胃腸炎」などと診断された場合は、医師に出席停止になるかどうか、確認をしてください。快復後は医師の許可がおりてから登校するようにしてください。
  5. 快復後に登校する際は、右の登校届けにご記入の上、担任へご提出ください。
  6. ※ 登校届(学校感染症 治癒証明書)こちらからダウンロードできます。

    ページトップへ