ホーム > 社会人基礎力の養成

社会人基礎力の養成

社会が求める人材に!

社会人基礎力とは「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な能力」として、経済産業省が提言したもので、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3 つの能力から構成されています。
企業や若者を取り巻く環境変化により、知識の量だけではなく、自らの問題を発見し解決していく能力も重視されるようになりました。
一人で机に向かって勉強すれば優等生になれたのは昔の話で、仲間とグループワークを進める能力、プレゼンテーションで周囲を説得する能力も重視されるようになったのが今の社会です。
鹿児島修学館では、学力も社会人基礎力に含まれると考え、高い学力の養成はもちろんのこと、「7 つの習慣J」や[ よのなか] 科といった教育プログラムを活用し、日常の学習指導・生活指導や学校行事とも連携を図りながら、社会でいきいきと活躍できる若者の育成を目指しています。

学力知識

「自ら考え行動する力」を培う、充実のプログラム

chu_01 宿泊研修や「7つの習慣J」等を通して, 礼儀作法や集団生活の規律を学ぶ。何事にも積極的に取り組み, 周りと協力して物事を成し遂げることを目指す。
chu_02 チームが一丸となって挑戦するチャレンジカップやスキー教室等を通して, 学年としての目標設定と同時に, 自分の目標も設定し確実に実行に移す。工夫改善を続け, 粘り強く目標達成を目指す。
chu_03 体験学習や[よのなか]科等を通して, 社会に対する視野を広げ, 自分の適性や目的, 課題等を明らかにし, 学習する意義を再確認し, 総合的な学力( 入試対応力も含む) の集大成を目指す。
kou_01 「7つの習慣J」に加え, 株式会社の運営をしながら, お互いの立場を理解し, ルールを尊重し, チーム力として一つの事に取り組む力を養成。
kou_02 [よのなか]科による株式会社の設立・運営や修学旅行等を通して, チームを成功へ導くためのリーダーシップを養成する。周りを説得できるプレゼンテーション力を高めつつ, 傾聴力の備わったリーダーを目指す。
kou_03 6年間の集大成の学年として, 自分の力を信じ, 課題の解決にチャレンジする。さらに, 入試対応力・面接対応力・小論文対応力等を強化し, 夢に向けての第1歩を踏み出す。

行動力

学校法人津曲学園鹿児島修学館中学校高等学校

ページトップへ