ホーム > 課題研究

課題研究

研究活動とは,「先人たちが行った研究の諸業績をふまえたうえで,観察や実験などによる事実,データを素材としつつ,自分自身の考察,発想,アイデアなどにもとづく新たな知見を創造し,知の体系を構築していく行為」(岡本尚也(2017).『課題研究メソッド』.啓林館.)のことで,修学館では現高2と高1を中心に昨年度から意欲的に取り組んでいます。
2017年8月3日に修学館で開催したオックスフォード大学生によるスタディツアーや,同年9月23日の文化祭では,数名の生徒が課題研究の中間発表を行い,参加者から高い評価をいただきました。
また,同年2月3~4日に一般社団法人Glocal Academyの主催で行われた「第2回国際シンポジウム」では,プレゼンテーション部門「分野3」でグランプリを受賞した生徒もいます。http://glocal-academy.or.jp/wp/wp-content/uploads/2016/09/INT_symposium4HS_results_2017.pdf
昨今の高大接続改革で大学に提出する「調査書や提出書類等」の重要性がますます高まる中,「総合的な学習の時間」や学校の内外で意欲的に取り組んだ生徒たちの活動が大学入試においても大変重視されるようになってきています。
修学館が積極的に取り組んでいる課題研究は,まさにこういった動きにいち早く対応するための活動の一つで,『課題研究メソッド』の著者である岡本氏の積極的な助言・指導をいただきながら高いレベルで課題研究を行っています。
さらに,中高一貫校である修学館は,中学段階から大学受験で必要となってきた課題研究に取り組ませることができます。中学時から大学受験を意識させ,時間をかけて課題研究に取り組ませるため,すでに中学3年生の希望者を対象に課題研究をスタートさせております。今後,中学1年生,中学2年生に対しても可能な限り早く課題研究をスタートさせることができるよう準備を始めています。

学校法人津曲学園鹿児島修学館中学校高等学校

ページトップへ