ホーム > 課題研究

課題研究

※ 中学生 課題研究 ← 中学生の課題研究はこちらから

課題研究とは

 ① 先人たちが行った研究の業績をふまえたうえで,社会・学術の諸問題から自分が取り組むべき課題を見いだし,
 ② 客観的なデータをもとにしつつ,
 ③ 自分自身の考察やアイデアなどで新たな知見を創造,探究し,
 ④ 他者と共有することで,課題解決に貢献すること
  と定義されています。   (岡本尚也(2017).『課題研究メソッド』.啓林館.)

【鹿児島修学館高等学校において定める課題研究の目標】

 探究の見方・考え方を働かせ,自己の興味・関心や進路選択に基づき,横断的・総合的な課題研究に取り組むことで,あらゆる場面で自ら考え判断し,課題解決を図ることのできる気品ある人格の形成を行うことができるように,以下の資質・能力(社会人基礎力や大学以降も学び続けるための力)を育成する。

(1) 自己の興味・関心や進路に結びつけた探究の過程において,課題の解決に必要な知識及び技能を身に付けるとともに,課題解決を図ることの意義や価値を理解するようにする。【知識及び技能
(2) 実社会や実生活と自己との関わりから問いを見いだし,自分で課題を立て,情報を集め,整理・分析して,まとめ・表現することができるようにする。【思考力,判断力,表現力等
(3) 自己の興味・関心や進路に結びつけた探究に主体的・協働的に取り組むとともに,よりよい社会を実現するための社会人基礎力を養う。【学びに向かう力,人間性等

 
流れ

● 上記以外の活動
・オックスフォード サマースタディー , オックスフォードキャンプ
・イギリス研修

〇 テーマ・RQ決定
 ・毎週の授業でグループごとに今の進捗状況の報告をしています。
 ・5月までには,テーマとRQ(リサーチクエスチョン)を決定できるようにします。
課題研究1 課題研究2

 〇 社会の先輩と語る日(調査計画の発表)
・修学館OBの方に講師をしていただき.現在の職業について講話していただきます。講話の後は,課題研究の中間発表を生徒が行い,発表をふまえて講師の方にアドバイスをしていただきます。
・先輩方のアドバイスをふまえ,今後の研究に活かします。

課題研究3 課題研究4
課題研究5 課題研究6

 〇 中間発表(文化祭)
・投票で選ばれた数名の生徒は,文化祭のステージで中間発表のプレゼンを行います。
・ステージ発表以外の生徒も,中間発表のポスターを作成し,展示します。

課題研究7 課題研究8
課題研究9 課題研究10

 〇 最終発表
・ポスター発表を行い,生徒同士で相互評価を行います。
・最終発表会では,アドバイザーの方に来ていただき,評価をしていただいています。

課題研究11 課題研究12
課題研究13 課題研究14

〇 国際シンポジウム
・一般社団法人 Glocal Academyの主催する,高校生国際シンポジウムに応募し,審査を通過した生徒は会場でスライド発表,もしくはポスター発表を行います。
・最優秀賞を獲得した生徒もいます。

課題研究15 課題研究16

〇 オックスフォード サマースタディー , オックスフォードキャンプ
・Study Tour in Kagoshima  Oxford × Glocal Academy 課題研究キャンプ
オックスフォード大学の学生が来校し,課題研究の指導を行います。会場が修学館なので,修学館の生徒も多く参加しています。

課題研究17 課題研究18
課題研究19 課題研究20

〇 イギリス研修
・中学3年~高校2年生の生徒で,本校で行われる審査で選出された生徒は,イギリス研修に参加することができます。旅費の半額を補助するので,修学館の生徒が参加しやすい環境を整えています。

課題研究21 課題研究22

※H30年度高校1,2年生課題研究テーマ一覧はこちらからご覧ください。

 

中3課題研究ポスター【フォーマット】
中3課題研究ポスター【レイアウト】

学校法

ページトップへ